スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

やってしまうと止まらない模型工作…

2007.03.11
今更ですが、485系日光・きぬがわをまたいじってみました。
前回は、床下機器のウェザリング・色さし等をしました。

実車は、営業運転2日目でパンタ破損があり運転開始早々、スペーシアの代走が始まったわけだが…(wiki)
復帰後、第1パンタは集電舟の先がパイプ状になっている物に交換され、第2パンタもあげて2パンタで運転されている。第2パンタは従来通りの集電舟である。
実車の屋根上写真

模型も実車に近づけるために実車同様パンタグラフを交換しました。
KATO485系日光きぬがわパンタ
味醂醤油さんのブログ(西多摩車輌工場業務日誌)のパンタグラフの加工法(記事の下のほう)を参考に改造。
KATO PS16交直用のパンタ(11-419)の集電舟をTOMIX PS28(0236)(PS29(0225)でもOK)の集電舟に交換するだけ…簡単。
TOMIXの分売パーツが¥500と高いが…パーツが余ってたからやってみたっす。
仕上げに金属部にプライマーを塗ってニュートラルグレー噴いて終了。
PS21搭載している車両(201系・205系…)にやると効果的かも…

いままでは試運転の時を再現してたが、これでWパンタあげて走行できる…
方向幕を[試運転]から営業運転向けに[特急日光|東武日光]あたりに変えなければ…

たぶんもうすぐKATO EF63パンタのASSYパーツで集電舟が軽量タイプのが出るのでそちらと交換するといいと思うよ…(つд・)ウエーン

ホロがついていないのでASSY Z06-0227の爪を切り取り接着剤で取り付けました。

3/12:画像交換・文章修正しました。
  • [No Tag]
= Comment =
  • 名前 
  • ※名前が未記入の場合は削除の対象になります。
  • メールアドレス 
  • アドレス(URL) 
  • 内容
  • Password 

特集記事

201系廃車回送記事
▲管理人の201系廃車回送記録

月別アーカイブ

ブログ内検索

55958+347322+

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。